オフィス マスターを目指そう!

オフィス マスターを目指そう「MOS」「MCAS」資格ともに、各ソフトを選んで受験できますが、Microsoft Officeの同一バージョン (Office XP、Office 2003 Edition、2007 Office system)のなかで、既定の4科目に合格すると、「マイクロソフト オフィス マスター」(Office XP、Office 2003 Edition)「マイクロソフト オフィス 2007 マスター」(2007 Office system)という称号が贈られます。


Office製品の複数のアプリケーションを使いこなせ、総合的に理解しているというスキルを証明することができます。


「オフィス マスター」取得の条件は以下のとおりです。


●Office XP、Office 2003 Editions

・必須 3科目
「Word Expertレベル」「Excel Expertレベル」「PowerPoint」

・選択 1科目
「Access」または「Outlook」


●オフィス 2007 マスター

・「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」


オフィス マスターの発行は、取得条件の最後の科目に合格して、かつ取得条件科目のすべてを同じ「受験者ID」で取得していれば、「Master認定証」は自動的に発行されます。それ以外の方は、マイクロソフトの申請フォームから申込する必要があります。発行手数料は無料になります。


オフィスマスターを目指して、コツコツと1科目ずつ受験していくのも良いですね。

フィード